最新の講演会情報

宮廷文化を中心とした講演会を行っています。

千年の都で培われた京文化、雅の真髄に迫ります。

美しい庭に囲まれた開放的な大広間にて、悠久の歴史を感じるひと時をお過ごしください。

開催予定のイベントはありません

過去の講演会情報

  • 特別講演会【王朝祭祀の装い】
    11月13日(日)
    山科伯爵邸 源鳳院
    11月13日 12:00 – 15:00 JST
    山科伯爵邸 源鳳院, 日本、〒606-8333 京都府京都市左京区岡崎法勝寺町77
    神事装束の世界 宮中の奥深く、秘められた天皇の祭祀で使われた【御祭服】と【小忌衣】、神事の遂行を祝う宴会で舞う「五節の舞姫」の装束を展示致します。 特別講演会として、対談・講演会に合わせて、【小忌衣】の着装実演を行います。
  • 【篠田桃紅展ー小倉百人一首より】
    10月01日(土)
    山科伯爵邸 源鳳院
    10月01日 10:00 – 10月15日 17:00
    山科伯爵邸 源鳳院, 日本、〒606-8333 京都府京都市左京区岡崎法勝寺町77
    古都京都では初となる展覧会を源鳳院にて開催致します。 大正時代より篠田先生の御生涯とほぼ同じ年月を重ねてきた空間にて、その息遣いを感じていただけましたら幸いです。
  • 2022年秋の宮廷文化講座 【奈良時代から続く、鳴く虫と人とのかかわり。】 9月18日㈰
    9月18日 17:30 – 19:50
    山科伯爵邸源鳳院, 日本、〒606-8333 京都府京都市左京区岡崎法勝寺町77
    源鳳院にて虫聴きの文化について学び、その後御所へ移動して、講師とともに散策します。 これまで何となく聴いていた虫の音に耳を研ぎ澄まし、その種類を聴き分けます。 一年前に下見を行い、ようやくこの時期を迎えました。一年が過ぎ去る、あまりの時間の速さに驚きつつも、月影の下、そよぐ秋風を感じながら、自然と人との関わりを体験する時間となりましたら幸いです。
  • 2022年秋の宮廷文化講座 【奈良時代から続く、鳴く虫と人とのかかわり。】9月11日㈰
    9月11日 17:30 – 19:50
    山科伯爵邸源鳳院, 日本、〒606-8333 京都府京都市左京区岡崎法勝寺町77
    源鳳院にて虫聴きの文化について学び、その後御所へ移動して、講師とともに散策します。 これまで何となく聴いていた虫の音に耳を研ぎ澄まし、その種類を聴き分けます。 一年前に下見を行い、ようやくこの時期を迎えました。一年が過ぎ去る、あまりの時間の速さに驚きつつも、月影の下、そよぐ秋風を感じながら、自然と人との関わりを体験する時間となりましたら幸いです。
  • 【有職の扇】 特別講演会~夕方の部16時半開演~
    7月31日 16:30 – 18:30
    山科伯爵邸 源鳳院, 日本、〒606-8333 京都府京都市左京区岡崎法勝寺町77
    有職彩色絵師の林美木子先生と公家装束の専門家の津田大輔先生をお迎えして、有職の扇について特別講演会を開催致します。昼の部13時開場・13時半開演と夕方の部16時開場・16時半開演の2講演を行います。 細やかな決まりごとがあることを比較しながら平安時代から江戸時代の変遷と共に解説いたします。 協力:一般社団法人山科有職研究所
  • 【有職の扇】 特別講演会~昼の部13時半開演~
    7月31日 13:30 – 15:30 JST
    山科伯爵邸 源鳳院, 日本、〒606-8333 京都府京都市左京区岡崎法勝寺町77
    有職彩色絵師の林美木子先生と公家装束の専門家の津田大輔先生をお迎えして、有職の扇について特別講演会を開催致します。昼の部13時開場・13時半開演と夕方の部16時開場・16時半開演の2講演を行います。 細やかな決まりごとがあることを比較しながら平安時代から江戸時代の変遷と共に解説いたします。 協力:一般社団法人山科有職研究所
  • 【有職の扇 展】 入場料(お茶とお菓子付)
    7月20日 10:00 – 8月10日 17:00
    山科伯爵邸 源鳳院, 日本、〒606-8333 京都府京都市左京区岡崎法勝寺町77
    有職の扇展  今夏、江戸時代より続く宮脇賣扇庵本展にて特別企画「有職彩色絵師・林美木子」氏の展覧会が開催されます。当施設では、同時開催として一般社団法人山科有職研究所のご協力により、江戸時代から明治時代に宮中で使用されていた様々な扇の実物を展示致します。 特別講演会7月31日開催。
  • 第六回雛人形展
    3月25日(金)
    京都市
    3月25日 10:00 JST – 4月10日 17:00 JST
    京都市, 日本、〒606-8333 京都府京都市左京区岡崎法勝寺町77
    恒例の雛人形展を今年は旧暦で開催致します。
  • 【特別企画】スペース・マウンティング×源鳳院「表装の世界と御能」
    2021年7月18日 10:30
    山科伯爵邸 源鳳院, 日本、京都府京都市左京区岡崎法勝寺町 源鳳院
    6月12日より岡崎・みやこめっせにて空間表装/空間を織りなす表具師の仕事展「スペース・マウンティング」が開催されます。そして今回特別企画として監修の表具師井上雅博氏が2週にわたりゲストをお招きします。(会場:源鳳院) 7月11日「刺繍と表具」 主宰 井上雅博・山科言親 ゲスト長艸真吾氏 7月18日「表装の世界とお能」主宰 井上雅博・山科言親 ゲスト宇高竜成氏
  • 【特別企画】スペース・マウンティング×源鳳院 「刺繍と表具」
    2021年7月11日 10:30
    山科伯爵邸 源鳳院, 日本、〒606-8333 京都府京都市左京区岡崎法勝寺町77
    6月12日より岡崎・みやこめっせにて空間表装/空間を織りなす表具師の仕事展「スペース・マウンティング」が開催されます。そして今回特別企画として監修の表具師井上雅博氏が2週にわたりゲストをお招きします。(会場:源鳳院) 7月11日「刺繍と表具」 主宰 井上雅博・山科言親 ゲスト長艸真吾氏 7月18日「表装の世界とお能」主宰 井上雅博・山科言親 ゲスト宇高竜成氏
  • 源鳳院 クリエイティブ・ミリュー『創造都市論から見た京都』2月28日17時
    2021年2月28日 17:30 – 19:00 JST
    京都市, 日本、〒606-8333 京都府京都市左京区岡崎法勝寺町77
    源鳳院では日本文化や京都の現在と未来を考え、国内外へ発信していく創造的な場として、本年から新たな取り組みを行ってまいります。 今回は佐々木雅幸先生をお招きし、文化と産業の創造性に富んだ「創造都市」の視角から歴史的文化都市京都を分析し、その将来を展望します。
  • 美をつむぐ人々 【 山科伯爵邸 源鳳院 クリエイティブ・ミリュー 】
    2021年2月07日 15:00 – 18:00
    山科伯爵邸 源鳳院, 日本、〒606-8333 京都府京都市左京区岡崎法勝寺町77
  • 講座「祇園祭の諸相 新たな視座から」【夕方の部17時】
    2020年11月21日 17:00 – 19:00
    山科伯爵邸 源鳳院, 日本、〒606-8333 京都府京都市左京区岡崎法勝寺町77
    下坂守(京都国立博物館名誉館員) 寳光井英彦(祇園社旧神官家末裔) 企画監修 山科言親(衣紋道山科流若宗家)
  • 講座「祇園祭の諸相 新たな視座から」【昼の部13時半】
    2020年11月21日 13:30 – 15:30
    山科伯爵邸 源鳳院, 日本、〒606-8333 京都府京都市左京区岡崎法勝寺町77
    下坂守(京都国立博物館名誉館員) 寳光井英彦(祇園社旧神官家末裔) 企画監修 山科言親(衣紋道山科流若宗家)
  • 【夕方の部17時~】講演会「門跡寺院と御所の文化」
    2020年10月17日 17:00 – 19:00
    山科伯爵邸 源鳳院, 77 Okazaki Hoshojicho, Sakyo Ward, Kyoto, 606-8333 日本
    圓正寺住職の山口昭彦氏をお迎えして、門跡寺院とは何か、特に准門跡であった東本願寺に伝統されてきた装束を通じて御所の文化についてお話しさせていただきます。
  • 【昼の部13時半~】講演会「門跡寺院と御所の文化」
    2020年10月17日 13:30 – 15:30
    山科伯爵邸 源鳳院, 77 Okazaki Hoshojicho, Sakyo Ward, Kyoto, 606-8333 日本
    圓正寺住職の山口昭彦氏をお迎えして、門跡寺院とは何か、特に准門跡であった東本願寺に伝統されてきた装束を通じて御所の文化についてお話しさせていただきます。
  • 特別展覧会「公家小袖展」9月21日~23日まで
    2020年9月21日 10:00 – 2020年9月23日 17:00
    岡崎法勝寺町77, 日本、〒606-8333 京都府京都市左京区岡崎法勝寺町77
    ―特別展― 「公家小袖展」  ○展示期間 9/21(月)―9/23(水) 10:00〜17:00 ○場所 源鳳院 ☎️075ー752ー1110 〒606ー8333 京都市左京区岡崎法勝寺町 77 ○受付にて入場料をお支払いください¥1000(税サ込)
  • 【夕方の部17時~】講演会「知られざる公家小袖の世界」
    2020年9月20日 17:00 – 20:00
    山科伯爵邸 源鳳院, 日本、〒606-8333 京都府京都市左京区岡崎法勝寺町77
    江戸時代、宮中の伝統的な儀礼では「五衣ーいつつぎぬー」(十二単の当時の名称)が用いられました。日常や少し改まった時に公家の女性たちが着た「公家小袖」その知られざる美をご紹介します。 講師 津田大輔(装束研究家) 監修 山科言親(衣紋道山科流若宗家)

2018年夏より、有職故実を研究されている専門家や文化人をお招きし、講演会を開催しております。

講演録は、監修・衣紋道山科流若宗家|山科言親氏が、企画の経緯や会の雰囲気について随時掲載して参ります。